自然とともに生きるんだ!{植物の性質を学んで}

家庭菜園を始めよう

育てやすい野菜から

剪定

かつては必要に迫られて作物を育ててきましたが、日本でも昭和30年代後半から趣味としての家庭菜園が広まってきました。 食の安全に注目が集まっている昨今、家庭菜園で野菜を作りたいという方がますます増えています。しかし初心者だと、なかなか思い通りの収穫に結びつかないことも多いです。 いきなり好きな野菜を闇雲に植えてみても、適した状況でなければ育ってくれません。また、生育には難易度があります。さほど手を掛けずとも育ってくれるものもあれば、こまめに手を掛け注意深く育てないと駄目なものもあります。 また、植物同士には相性もあります。続けて同じ畑で育てると生育に影響があったり、同時に植えると良くないものがあったりします。 まずは植物の特徴をつかんで、育てやすい野菜から初めていくことが初心者には成功の鍵となるのです。

様々な家庭菜園

畑を借りて大掛かりに家庭菜園を始めるのは、なかなかに大変です。まずはプランターでやってみるのも、初心者がコツをつかむのにおすすめです。 プランターで植えられる野菜は枝豆、オクラ、ししとう等があります。 生育に適した時期を選び、種や苗、土、肥料、プランターを用意します。 種から育てる際、暑い時期に植えてすぐ水を撒いてしまうと、蒸れて駄目になってしまう可能性があるので気を付けましょう。 いよいよ収穫を迎えても、注意が必要です。それぞれの野菜が美味しく食べられる時期は限られています。初心者が収穫時期を見誤ってしまい、旬を逃しては残念です。 家庭菜園は育てる困難、収穫の喜びを学べる場でもあります。初心者だからと尻込みせずに家庭菜園を始めてみましょう。